2011年04月12日

家の中の腐ったイカの異臭で困っているという

気仙沼の住民が今凄く困っている事が有ります。異臭だという。
津波でも何とか家は無事だったけど
1階はイカとか魚の死骸が溢れてて息をする物辛いという。
家族でバケツで懸命に捨てるのですが・・・

捨てる場所が自宅の側では異臭が同じで遠くの場所へ捨てに行くには
女手だけでは無理だという。
ボランティアの手を借りたいのですが
ボランティアの人が足らず何とかボランティアの人数をと願っているそうです。

今回の被害の規模が大きすぎて
体制も上手く行ってないらしい。ボランティアの人達も
長く滞在できない事情があるという。
異臭の酷さで、助けに来たはずが気持ちが悪くなり返って被災者方に
面倒をかけているという。
臭いはテレビからは伝わってきません。
とにかく、計画的にボランティアの人を被災地のニーズを
把握できる 拠点が必要だと感じました。異臭で夜も眠れないそうですから・・・


posted by 桂のたまご at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯舘村の酪農業者の不安

福島原発で半径30`が避難又は家屋待機と発表していましたが。
1ヶ月経った昨日に成って
風による放射能汚染が 飯舘村に最も強い放射能汚染が合ったとして
待機するように発表があった。

飯舘村の人達の政府への不信感は 大きいと言う。
これまで、海外の発表で自分たちの村が可なり汚染されていた事を知っていたからだ
酪農業をしている男性は、
今更退去してくれと言われても、すでに身体に放射能を
浴びているし

ここを離れると言うことは二度と酪農の仕事は出来ないと思う。
牛達の事はどうなる。
将来の展望も生活に対しての説明を求めても
何も答えてくれない。
それなのに、ただ退去して欲しいだけでは離れることが出来ません。
1ヶ月前なら 諦めも出来ていたかと思うが
今更の気持ちです。初めて涙が牛を世話してて流れてきて・・・
何でこんなひどい目に合ったのだろうかと悔しさでどうしようもない今の
飯舘村の住民の思いですと語ってた。
posted by 桂のたまご at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。