2011年04月16日

「いただきます」の意味!

日本では、ご飯を食べる前に必ず言う言葉「いただきます」の優しい理由を知って
感激しましたね。
人が生きるためには、どうしても食物を食べなければ成りません。
鶏肉、牛肉、豚肉、魚や野菜達を 美味しく
その事への感謝を込めて表した言葉が「いただきます」です。
それは、命をいただきます、から来たそうです

私はそれを知って 人も良い物だなと思いました。
人以外の生き物は 生きるためだけに生き物の命を食べるのに対して
人だけが、生きるのには必要ない物も
美味しく食べると言われています。

贅沢とでも言いましょうか!
でも、そんな人間でも 食べる前に
「いただきます」は言ってますよね。
最近の若い人はどうか分かりませんが、これは大人達が伝えて行くべき
良い習慣だと思ってます。命をいただくを 決して忘れない
人間として「いただきます」は未来永劫、続くことを願います。


posted by 桂のたまご at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい服を買いたいけど・・・

ここ何年も新しい服に縁がなく 着古しの春の服が何故か寂しいそうです。
私が寂しいが正しいかな?
人からのもらい服も 有り難いが やはり自分の好みの服の一枚も
着てみたいで〜す・・・

年金も昨日で2回目の入金があったし、買っても良いとは思うのですが
預金もないし、結婚の祝儀金とか、自動車保険、自動車の税金も
この5月から続いて出費なんです。
まだ暫くは 頂いた服を自分流に着て頑張ろうと決めるしかない。

被災地に送る服が無い事をお許し下されたく思うのでありました。
でも、お気に入りの服に出合う事もあるので
それなりに楽しみましょう。
春・夏とお洒落は女だけの物ではなくなってる時代だから
男の方も 十分に理解していただけると思いますね。
お洒落な服の事を思ってるだけで 幸せな気持ちに成るのは自然なんでしょうね!
posted by 桂のたまご at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お赤飯を久しぶりに作りました!

昨日、お赤飯を久しぶりに作りました。とにかく随分長いことご無沙汰でしたから
やり方をど忘れしてて
思い出しだし 何とかと言っても 炊飯器で作ることは初めてでしたから
出来上がりを確認するまでの
不安と来たら そわそわの時間を過ごしていました。

炊けた、恐る恐る炊飯器のふたを開けたとき・・・
お赤飯だ!ええ感じの色に成ってるやん。やや柔らかいことを除けば
完璧に炊飯器で お赤飯作れた感激を一人で
喜んでました。

家族が帰ってきて早く このお赤飯を食べて貰いたいと
自慢顔したいですからね。
やりました!好評なお赤飯の出来に又作ってのリクエストももらっちゃいました。
お赤飯は 桜の花に似てるなと今回初めて気づいた私でした。
posted by 桂のたまご at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。