2011年04月06日

原発から流れ出ていた高濃度の放射性水を、水ガラスが止めた!

福島原発の中から高濃度の放射性水が海にどくどくと流れ出ていた
どうしても止められなかった。おむつとか、新聞紙でとか
聞いて これあかんと心配でしたが・・・

ある物ですね。水ガラス成る物が遂にこれを止めた!
良かったと言いたいところですが・・・
あの場所から流れていた高濃度の放射性水は何処かへ行くはずでしょ。

建物の上へと溢れるなんて無いでしょうね。
とにかく、その時々の対応をして行かざるを得ない。
先回りのシュミレーションは出来ないのかな?

後追いしていては、結果的に拡散された放射性物質が風に乗って
好き放題飛んでいきませんか?
私思うに、オタク的人が科学も分からないのに
凄いアイディアを持っていたりするんじゃないかと変に期待しているんです。
知恵を偉そうに喋っている学者様へ送ってみてはいかがでしょう!


posted by 桂のたまご at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。