2011年04月07日

トルコの救援隊の皆さんの親切に・・・

東北関東大震災は 多くの海外から救援のために来てくださっています。
その中で、トルコの救援隊の皆さんは
瓦礫を撤去するために、テントを張り、気が遠くなりそうな
手作業で瓦礫を小さくチェンソーで切断して

運びやすくして被災者の方達と頑張っている姿をテレビで見ました。
日本語が得意なトルコの人は
「大変でしたね」「家は又建てられる家族が無事が何より」と声をかけて
励ましながら、ホコリだらけで作業されていた。

そんな中 土で汚れた写真(アルバムから外れた)を発見すると
近くの避難所へ持って行ってくれる。
きっと、この写真の人が生きていて喜んでくれたらいいと
語ってくれていました。他にも海外の人達が今回被災地へ来てくれて
感謝です。原発の事は気になりますが
困ってることを知った以上は、ほっとけない気持ちで来てくれているのだと
私も地域活動を開始し始めてます。ちっぽけな事ですが
何もしないよりは良いと言い聞かせてます。


posted by 桂のたまご at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。