2011年04月10日

平和という物を当たり前と思わないこと!

今回の震災と原発から、私達が何を学べれば未来の日本に希望はあると思います。
戦後の日本人は 諸外国に比べて 平和という事を
考えてこなかったと思いました。

世界の人から日本は大丈夫 信じていますと、誉められていますが
どうかな?誉められる事に値しているのかと。
平和は水道水のように蛇口をひねったら水が当たり前に出てくると同じに
思っていた気がしませんか!

今の自分のおかれている立場に平和に感謝をもっと持っていたら
政治家も政府もこんなへなちょこの集まりには成らなかったと思う。
右に習えとばかりに自粛と聞けば 自粛に習う
その場主義思想の典型的な国民性だなと思いました。日本人変わらんとあかんのと違いませんか
遂に、被災地からこんなCMが流れてきましたね。自粛は止めてください。
皆さんは普通に暮らしてお金のある人は是非使って欲しいし
お祭りだって 楽しんでやってくださいと。
この国はなん何と思った。
国のトップから 国民に向かって何もメッセージが無い!
被災している地域の酒屋さんらから国民へCMでメッセージを受けるとは
怒りましょう!地方選挙の投票に行ってきました。
一票の重大さを今回ほど真剣に考えた事は無かったなと自らも猛反省しましたね!


posted by 桂のたまご at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。