2011年04月11日

最終日のマスターズは波乱と成りました!

2011年のマスターズを制したのは・・・
C・シュワーシェル選手(南アフリカ)が-14アンダーで
見事成る逆転優勝を果たした!

マキロイに又風はそっぽを向いてしまった 可哀想に成ってしまうぐらい
落ち込んでいましたね。
タイガーもあと少しが中々カップに嫌われて
こちらも風は来なかったという事でしょうね。

優勝したシュワーシェル選手に最終日の風が集まってくれたなと感じる
運も手伝ってくれた内容でした。
ゴルフを見ていると、我慢をどれだけ出来るか!
人生と似ていると思う、厳しい状況でも最悪な事だけは避けよう
欲を出して結果最悪以上の苦しみを自らに与えてしまう。
そんな今年のマスターズでした。

石川選手、松山選手(アマ)は何とか手応えは合ったのではなかったかと思って
ます。
この後は日本へ戻って是非活躍をして欲しいですね。
悔しさを決して忘れない事です!


posted by 桂のたまご at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。