2011年04月23日

堺屋太一氏の復興への提言

私は昔から 堺屋太一氏を信頼しています。その堺屋太一氏が今回の
東日本大震災の復興への提言を聞きました。
今回の震災を 第3の敗戦と位置づけた。第1回は 黒船が日本へ来たときの
幕府の失敗。
第2回は 太平洋戦争の敗戦。

そして今回の敗戦相手は 自然と世界情勢の無知だと!
日本が太平洋戦争に敗戦した時に来日していた米人が言った言葉があったという
敗戦の最中に必死で前向きに働く大人達の目の輝きと
親の言うことを真剣に聞く 子供との親子関係に
この国は必ずや復興するとその通りに戦後の日本はがむしゃらに
大人達は働き頑張ったから世界が驚くほどの国となったという。

しかし、今回の場合は少し違うという、親子関係にあの時の様な良い意味での
関係がないという。
親は子に甘えをという物を植え付けてしまって
復興には可なりの時間がかかるであるという。そして社会の中に
階級というどうにも成らない化け物を作ってしまったと言う。
化け物って・・・ 正規社員 非正規社員という階級制!
これを この機会に無くしてしまう大きなビジョンが今の日本には必要だと
消費税は上げる時期にはない。
出来れば、電気料を上げることを勧めるという。
電気料金が高くなれば人は上手く時間を使って工夫して
家計への負担を考える。これだけでは足りないが消費税は毒薬となる危険な
選択だという事を国民は良く考えるべきだと提案されていましたね。

そして、東北の復興には ソフトバンクの孫正義氏が責任者に成っていただければ
世界からも多くの協力者が出てくる。
但し その間ソフトバンクの社長職を休業してもらえるかが鍵だと
語ってた。カリスマ性のある人でしかこの敗戦から立ち直る道は無いのではと
言い切ってました。私も孫氏なら大賛成します!
実現を期待していますが・・・


posted by 桂のたまご at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。