2011年04月27日

堀江貴文氏普通の刑務所へ収監される事に一言

堀江貴文被告と書き込むのが常識でしょうが・・・
ライブドアの社長として、世の中をかき回した人物でした。
しかし、日本社会は出る杭は打たれる通りに結果的に
2年5ヶ月の実刑になりました。

私は堀江氏を好きではありませんが、この人の持っている能力は
今の若い人達には無いものだと思っていて、
収監される刑務所が
普通の刑務所では損だなと日本の事を考えると思いますね。

米国では、犯罪者でも 知的犯罪者のみが入る刑務所があります。
能力を無駄にさせないで国のために役立ってもらうという前向きな発想があるのです。
これまで日本では無かったから仕方ないと思いますが
どうですか、この際米国の知的刑務所への収監なんて・・・出来ませんよね!
皮肉な物です。堀江氏がテレビとネットとの関係はまさに彼が言ってた通りに
成ったことは事実ですから、複雑ですね。
刑務所から、新しい発想を若い人達へ発信し続ける事でしょう!


posted by 桂のたまご at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。