2011年04月30日

真央SP最悪の結果でも・・・

フィギュアスケートの女子の世界選手権が始まった。1年ぶりの女王キム・ヨナ選手も
登場してきました。
私が誰よりも気にかけている選手は 浅田真央さんでした。
SPの重要性を大会前に本人が口にしていました。

緊張感が 待ち時間にも顔に表れていて・・・余裕が何処にも無かった
その不安は残念なことに 演技に出てしまった。
SPでトリプルアクセルに果敢に挑みましたが 回転不足と認定され
ダブルアクセルに成るし

他のジャンプまで回転不足と成ってしまった。
順位は7位と成り 最終滑走の6人にも入れなかった・・・
浅田選手の、トリプルアクセルへの拘りが分からないではありませんが・・・
そこまで拘り続ける故に
見ている物に冷や冷や感を与えすぎて
楽しく滑ってる気がしなさ過ぎませんか?
笑顔も少ないし感情表現以前に 無表情な悲しい真央さんを
見ているのは辛いです。ここは 少しスケートを楽しむ事を考える時期に
来てませんか。キム・ヨナ選手は、
出来は完璧ではありませんでしたが、1位だった。
見る物を酔わせる持って生まれた表現性には脱帽でしたね。
今日の、フリーでは真央さん楽しむんだと 失う物のことを忘れませんか・・・


posted by 桂のたまご at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。