2011年06月04日

悪口

悪口は言われたくない

でも 悪口の数だけ 私の不幸が減りますから

どうぞ 誰かさん たんと悪口言っておくれ

お陰様で身体の中の汚れが可なり落ちてきている気がする

悪口を言ってくれる誰かさん 

ありがとう お返しに 悪口・・・

出来ません だからあなたもお止めなさいまし

誰かさんにとって 何の徳にも成りませんもの


posted by 桂のたまご at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。