2011年06月19日

6月19日の「僕らの時代」

きょうの「僕らの時代」は梅雨の蒸し暑さも忘れさせてくれる3人です。
西田敏行さん、岸本加代子さん、上島竜兵さん。
この三人は 揃って感じる心根がとても優しいと・・・

久しぶりにあった岸本さんに西田さんが言った、「初めてあった日を思い出すね、
ぷんぷりんに可愛かったよ」岸本さん「あの頃10代でしたからね」
女優に成りたくて成ったんじゃなく
たまたま西城秀樹さんのコンサートへ行った時に

住所を渡したら 西条さんのマネージャーさんから連絡があって
やってみませんかがこの世界へ入った理由だと語った岸本さんですが
女優をして 初めて北野武監督作品に出たとき監督から
演技をしないでくれ、初めて大変だったと言った。
素のままのにする事の難しさを知り
出来上がった作品を見た時、これまでの中で一番自分が輝いていたと。

西田さんと上島さんは 顔がとても似ていて兄弟ですかと
言われるそうですよ。西田さんは迷惑?
今回西田さんと岸本さんは映画「星降る犬」で共演しています。
上島さんの奥さんはいつもだめ出しをしてくれるから良い奥さんだと西田さんが言う
「他人は何も言ってくれないからね、奥さんだからだよ」

やはり西田さんはいい人です。
ベテラン俳優の中で少しも偉らばった事の無い人だという
新人さんに対しても 演技が素晴らしい人には尊敬の言葉を掛けるという。
福島出身の西田さんには 今回の震災 原発は大きな衝撃だったという。
「原発の想定外は許されませんよ」と地震は天災だが原発は人災だと言い切ってました。
楽しい会話がこの話から少し変わりました。
当然ですね!

お笑いの世界の入れ替わりの激しさに上島さんが語る。
いつまでも新人感覚でいる事が長く続けられてるのかなと
すると西田さんも言った「てっぺんに登ったと思った瞬間に駄目になってしまいますよ
俳優もね」
脇役の人達の努力は素晴らしいですよ、
主役だから偉そうにしているなんてこっけいですよ。
いい話満載でした!


posted by 桂のたまご at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。