2011年06月25日

寝苦しい夜だった!

我が家は窓が少なくて 開けてからと言って風が家の中を通りません。
京都の町屋は うなぎの寝床と言われる住宅になっているので
入り口は狭いが 中はすこぶる緑の庭が有り
風は心地よく涼をくれるのですが・・・

残念な事に我が家は40年前の建物なので中庭なんて物はありません。
間口の狭さは 悲しすぎるほどです・・・
だから 夕べのような寝苦しい時はエアコンをタイマーをして
付けないと寝不足になるんです。

サンディが暑いのでしょう うろうろとして少しでも冷たい場所を
移動しながら熟睡は出来てなかったと思いました。
エアコンを付け始めてからは
じっと身体を伸ばして眠ってくれたのでほっとしました。
風通しの良い住宅作りが 今後の課題にして欲しいですね・・・
太陽光パネルは重量も結構あって住宅に掛かる負担が別の形で出てくるのかなと
心配ではあります。研究を頑張ってください
屋根への負担が軽い太陽光発電の実現に期待しますね。でも
自然の風こそが心地よい事も確かだからそっちも宜しくね!


posted by 桂のたまご at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。