2011年11月24日

人という生き物

昨日の夕方の関西ローカルニュースで20代で職を無くし
探しても「ご縁が今回ありませんでした」と断られ 遂に家賃も滞納に成ってしまった
まさか自分が生活保護を受ける立場にこんなに若いのに
成るとは思っても見なかったと語ってた。

この青年がこの話をしているのが心療内科だというのも聞いていて辛かった。
つまり青年は うつ病に成ってしまったという。
世間的に、そんな若さで生活保護 仕事選んでるからでしょうと
声が聞こえてくると言う夢の中でも・・・

そして役所へ行くと係の人の冷たい言葉が
激しく飛んでくるそうです。死にたいと思うが死ねない弱い自分もいるという。
何としても 自力で生きていきたいと言う・・・
なのに、意欲が沸いてこない 自分を責めてばかりの毎日だと

医師はこういった、「人という生き物は食べられるだけで幸せとは行かない動物だと。
希望とか未来への楽しみが生きる事には不可欠なんだと、
あまり先のことを不安がらずに 今この瞬間に楽しみを委ねなさい。
辛いことだって 今だけだと受け止める、
軽い気持ちで チャンスは巡ってくると信じて少々図太く成った方が
願いは早く実現するから」と励ましていた。
見ていて「頑張れ!」と言ってました。負けてたまるか!精神で乗り切って欲しいと
好きで生活保護受けてない人だからきっと大丈夫と私は信じます!


posted by 桂のたまご at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。